少子高齢化が急速に進む我が国において、高齢者介護は国を挙げての課題であり、身近に触れることも多いテーマのひとつです。

今、介護・福祉を取り巻く状況は、「ニッポン一億総活躍プラン」において掲げられた「介護離職ゼロ」への目標が示されるなど、2020年に向けた経済成長の推進力のひとつとして、大きな注目と期待を集めています。

全国老施協では、高齢者福祉施設を中心に11,500事業所会員が一丸となり、地域の人々が安心して生活を送ることができる拠点施設となるべく、「現場の声が制度をつくる」をテーマにさまざまな事業、活動に取り組んでいます。そして、この介護・福祉の未来をともに考え、「喜び」「感謝」「命の尊さ」「やりがい」など、その魅力や素晴らしさが伝わる作品を募集し、「介護」に対する社会イメージや理解を深めることを目的に、2008年から「介護作文・フォトコンテスト」を開催していまいりました。

第9回は「『KAIGO』はみんなの共通語」をテーマに、コンテストを通じて私たち一人ひとりの生活と介護・福祉の関わりについて考える機会とするとともに、広く社会に向けたメッセージを発信することによって「現場の考える介護の姿」を提案してまいります。

公益社団法人 全国老人福祉施設協議会
会 長  石 川  憲

一人ひとりが生活の中で出会う「喜び」「感謝」「命の尊さ」「やりがい」など、介護を通して伝わる作品を募集します。

※応募作品は本人のもので、未発表作かつ日本語で書かれたものに限ります。

  • 1,200字以内(原稿用紙、ワープロ原稿、縦書、横書、いずれも可、書式自由)
  • 1人1作品まで

賞 金

  • A4までの紙焼き、データの場合はJPEG形式、4MB以内
  • 1人3作品まで

賞 金

  • 募集期間

    平成28年7月15日(金)~9月16日(金) [郵送の場合は必着]

  • 応募資格

    特に問いません。(国籍、性別、年齢、職業不問)

  • 応募方法

    必要事項を記入の上、①郵送 ②メール送信(作文はファイル添付、写真はデータ添付) ③インターネット応募フォーム  のいずれかからお申し込みください。

    【必要事項】
    ①郵便番号・住所 ②氏名 ③年齢 ④電話番号 ⑤メールアドレス ⑥職業(介護従事者、会社員、学生、主婦、その他)※介護従事者の方はその施設・事業所名、学生は学校名・学部・学年を明記ください ⑦作品タイトル※フォト部門の場合は必ずタイトル(20文字まで)と説明文(25文字まで)を記載。
  • 応 募 先

    第9回介護作文・フォトコンテストの応募受付は終了いたしました。
    たくさんのご応募ありがとうございました。

  • 審 査 員

    審査委員長:公益社団法人 全国老人福祉施設協議会 理事 河内孝
    作文(エッセイ)部門:朝日新聞出版 医療健康編集部部長 今田俊
    フォト部門:朝日新聞出版 アサヒカメラ編集長 佐々木広人
    その他 全国老人福祉施設協議会関係者

  • 入選発表

    平成28年10月14日(金)予定、全国老施協ホームページ(http://www.roushikyo.or.jp)にて発表

  • 注意事項

    応募作品の著作権は公益社団法人、全国老人福祉施設協議会に帰属し、弊協議会が出版、PRなどの介護サービスおよび介護従 事者のイメージアップ、 社会的評価向上のための広報活動事業に使用させて頂きます。あらかじめご了承ください。

    応募作品は返却いたしません。必要な方はコピーをおとりください。入賞作品については原稿(ネガ・ポジフィルム・ CD-ROMなどの記録媒体)を提出して頂く場合がございます。

    応募作品、被写体のあらゆる権利(特に肖像権)に関して、主催者は一切の責任を負いかねます。応募に際しては、必ず被写体、写真の選作者および著作権者の了承を得てください。

    応募に関する個人情報は、個人情報保護法に則って管理の上、賞の発表やその連絡、ウェブサイトや出版、広報活動へのご協力を依頼する目的以外には使用いたしません。

  • 株式会社レオパレス21

  • 株式会社エス・エム・エス

  • 鹿島建設株式会社

  • 田島ルーフィング株式会社

  • 大和ハウス工業株式会社

  • 東急住宅リース株式会社

  • 東洋羽毛工業株式会社

  • 三井ホーム株式会社

  • 三井不動産リフォーム株式会社

※五十音順

平成20年度からはじまった「介護作文フォトコンテスト」は、これから更に身近になる「介護」について、関心を持ち、広く深く理解してもらうため、「作文(エッセイ)」、「写真(フォト)」と二つの部門にて、一般の方、学生の方、介護従事者を問わず、介護に携わる方の応募を広く募集いたしました。9月16日に締め切りを迎え、応募総数は、作文(エッセイ)部門が1054件、写真(フォト)部門が1,090件の合計2,144件と昨年、一昨年を超える応募件数となりました。

この度、厳正なる審査の結果、選考されました両部門の最優秀賞受賞者を招待し、授賞式を行わせていただく運びとなりました。当日は、授賞作品の展示の他、テーマソング「ありがとう」を唄った、やなわらばーさんのミニライブ、審査を行った各審査員の講演などを行います。ご来場は無料ですが、席に限りがありますため、事前に下記連絡先にご予約のご連絡をお願いいたします。

皆様のご来場をお待ちしております。

【ご予約・問い合わせ先】
「第9回介護作文・フォトコンテスト」事務局
TEL:03-3226-7210(平日10:00~17:00)
mail: kaigo@koubo.co.jp
  • 作文(エッセイ)部門審査員
    今田俊

  • フォト部門審査員
    佐々木広人

■やなわらばープロフィール
ボーカルと三線担当の石垣 優(いしがきゆう)、ボーカルとギター担当の東里梨生(あいざとりお)による、石垣島で生まれ育った幼なじみの女性ユニット。
上京後、家族・友達・大切な人達から離れて暮らす寂しさから、2人で曲作りを始め2003年にデビュー。 その後もカバーアルバム「縁唄(えにしうた)~フォークソングとやなわらばー~」、2015年11月4日(水)には伊勢正三氏プロデュースのミニアルバム「Windfall」をリリース。
時代に左右されず、聴く人の心に響くハーモニーは自然と涙を誘う。
※授賞式への参加は石垣 優さんのみになります。

第9回介護作文・フォトコンテスト授賞式

  • 【会場】朝日新聞社 読者ホール 東京都中央区築地5-3-2
    【日時】2016年12月10日(土) 13:00開場

    ※終了は、15:30頃を予定。
    ※入場無料。
    ※予約なくお越しの場合、立ち見になる可能性がございます。
    ※車いすの方はご予約時にお申し付けください。
    ※会場には駐車場はございません。

トップ